昔も今も効果的な宣伝方法

横断幕

ネットで拡散される効果

企業にとって広報活動は非常に重要です。業績に直結する営業効果があるからです。今ではインターネットを利用したオンライン広告や、テレビなどの映像媒体によるCMなどが主流になっています。しかし昔から広告手段として利用されてきた看板には、オンラインやCMにはないメリットがあります。看板のメリットは常時同じ場所にあるという点です。例えば繁華街の目立つ場所に看板を立てれば、行き交う人々の目に付きます。いつも同じ場所を通る人の脳裏にその看板が記憶され、強い宣伝効果を及ぼすことができるのです。また看板というのは取り付け場所が自由です。ビルの屋上に立てることもできれば、壁面に設置することもできます。最も目立ちやすい効果的な場所を選んで設置できるのは看板の特色です。例えば車を運転している人がランチを食べたいと思った時に探すのが看板です。このような広告効果が発揮できるのは看板しかないのです。一度設置してしまえば、あとは定期的にポスターを貼り替えるだけで新しい情報を発信することができます。テレビなどの人気タレントをモデルにしたポスターを貼れば、注目度は高くなります。若い人はそのような看板をスマホで撮影してネット上にアップしたりするので、昔よりも宣伝効果が大きくなっています。ポスターの前で記念写真を撮る若者たちも出てくると、一躍名所になる可能性もあります。このように看板は昔ながらのアナログな宣伝方法ですが、新しい媒体によって宣伝効果は拡散していくというメリットがあります。

Copyright© 2017 手提げ袋を作ろう!商品のイメージアップに繋がる All Rights Reserved.