適した生地を選択

紙袋

サンプルの提供も

横断幕とは横に長い旗のことで、スポーツチームの応援や交通安全の注意喚起などに使われています。横に長い分、多くの人々の目に留まるので、広い場所での宣伝には特に適していると言えます。そのためバーゲンセールや新商品発売など、大々的な宣伝が必要となる時には、多くの企業や店舗が横断幕を利用しています。横断幕の制作は、多くの場合は専門業者に任されています。サイズが大きいため、自力での制作には手間も費用も多くかかるのですが、業者に任せれば手軽に安く入手できるのです。特に自社制作をしている業者からは、激安価格で購入できます。生地の調達や印刷などを下請け業者に任せていないため、中間マージンが発生しない分、激安価格での受注が可能となっているのです。どのくらい激安かというと、横幅約5メートルという大きなサイズのものでも、相場は1万円程度なのです。しかも業者に依頼した場合、デザインはもちろんですが、生地も自由に選択できます。たとえば屋外に掲示する横断幕の場合、撥水性があり雨に強いターポリンが適していると言えます。風の強い場所に掲示する場合は、メッシュターポリンを選ぶと、生地の目から風が抜けていくため、剥がれるリスクが少なめとなります。また屋内で使う場合は、軽量で高所にも手軽に取り付けることができるポリエステルが適しているのです。このように生地には複数の種類があるので、用途に合わせてベストな選択をすることが大事です。どれが適しているか分からないという場合には、サンプルを激安価格または無料で提供している業者を利用すると、実物を確認してからオーダーできます。

Copyright© 2017 手提げ袋を作ろう!商品のイメージアップに繋がる All Rights Reserved.